歯の治療に銀歯を入れるのは利益主義の歯医者でしょうか

虫歯になった時に歯科医院で治療してもらいますが

歯を削った後、何で埋めてもらっていますか。

最近ではプラスチックが多く使われていますが

中には銀歯と言われる金銀パラジウム合金が

使われることもあります。

銀歯は、見かけはよくありませんが

耐久性があると言われていて

治療に用いている歯科医院もありますが

耐久性については、臨床試験でプラスチックも

銀歯も同等との結果が出ています。

また、銀歯は虫歯部分だけでなく大きく削ってしまうので

虫歯以外の部分も削られてしまいます。

また、銀歯には金属アレルギーを引き起こす

可能性があり、埋めた銀歯と歯の間に隙間が出来て

さらに虫歯が再発しやすいという

デメリットがあります。

ならば、なぜ銀歯を入れる歯科医院があるのでしょうか。

どうもその理由は費用にあるようです。

銀歯にすると、プラスチックに比べ

保険点数、費用が高いからの様です。

もし歯科医院で銀歯にすると言われたら

プラスチックでの治療にしてもらった方がよさそうです。

このプラスチックの治療法は

コンポジット・レジン修復(レジン療法)と言います。キャッシング 金利が安いところは