遅くまで営業しているカフェは助かるけれど

遅くまで営業している喫茶店やカフェというのはあまり多くないのですが、私としてはとても重宝すると思っています。
飲食店であれば夜遅くまで営業しているお店もありますが、お腹が空いているわけでも、お酒が飲みたいわけでもありません。
そういうときに立ち寄ることのできるお店というのは、思っているよりもずっと少ない気がします。
しかし、ふと思ったのだが、そういうお店で働いている人たちは、しっかりと家に帰れているのでしょうか。
例えば、いつも行くカフェは夜の11時半まで営業してるのですが、お店を閉めて片付けを終えるのは12時半くらいになるでしょう。
そうなると終電がないのではないかと思うのですが、どうしているのでしょうか。
遅くまで営業してくれているというのはとても助かるのですが、お店で働く人にとっては大変な面もあるのではないかと思います。
もしかしたら、ギリギリで終電に駆け込むようなことが多かったりするのかもしれません。
だとすると、なんだか申し訳ないような気がしないでもないですよね。