私も失態組立てだからこういう書物が喜べるのだろう

芥川賞受賞のコンビニエンスストア者、興味深いですね。最初はつまらなかったですが、途中で同棲し始めるところから楽しくなりました。私もこんなことしてみたいと見紛うぐらいだ。ただこういう正式はいわゆる負け組みな人類対象で、きびきび仕事してる勤め人やプロフェショナル通り路をまっしぐらできた人類や、運命のケアレスミスが無くスムーズに来てしまった人類などは読んでも同感できないだろうし、楽しく感じないと思います。30値段ににもなってパートタイマーで要るという域は負け組みな人類でないと楽しめない正式ですね。こういう正式を読んで、なるほどどうしてもあなたそんなに思ってるんだな、そこまで言っちゃう?と感じましたね。たぶんライター自身がとっても入っていると思うし、彼女私そんな引け目があるんでしょうね。健在でコンビニでたったの週間3回短時間のパートタイマーをやるぐらいだから。それにしてもさくさく読めますね。難しいうたい文句もないし、いっきだ。これ、ドラマにしてTVで放送しても世論見つかる相談の正式だと思いますね。