御嶽海、名古屋場所優勝!来場所は大関取り

大相撲名古屋場所は御嶽海の優勝で幕を閉じた。
御嶽海は元より良い力士ではあった。
1年以上三役に定着していることがそれを証明している。
しかし三役で10勝以上がなかなかできなかった。
それが今場所、13勝あげたばかりか優勝までしたのである。

優勝した要因のひとつとして、非常に運が良かったことが挙げられる。
今場所は、白鵬・鶴竜・稀勢の里・栃ノ心が休場したのだ。
これにより御嶽海にとって非常に有利な展開になった。
しかしいかに運が良かったにせよ、チャンスをものにできなければ意味がない。
御嶽海は見事ものにした。

良かったのは運だけではない、相撲も良かった。
立ち合いから素早く踏み込んで、自分に有利な形を作ってしまう。
押し出しや寄り切りで勝つことが多いのはその表れであろう。

審判部長は御嶽海について、来場所は大関取りになると明言した。
大関昇進は3場所で33勝が目安とされている。
御嶽海は先場所9勝、今場所13勝したから、来場所11勝が昇進ラインになる。
この11勝、今場所の13勝よりも困難であると思う。
来場所は白鵬・鶴竜・稀勢の里・栃ノ心が戻ってくるからだ。
御嶽海は彼らと合い口が悪い。
今場所で御嶽海が大きく成長したのは確かだが、彼らにどれほど通用するかはまだわからない。
優勝したのは喜ばしいことだが、御嶽海にとって本当の試練はここからなのである。全身脱毛