ダンスが得意でショーで活躍することが多い冴月瑠那さん

2004年に宝塚歌劇団に90期生として入団した冴月瑠那さん。初舞台公演は、雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー!』でした。2015年から宝塚歌劇の専門番組であるTAKARAZUKA SKY STAGE第6期スカイ・レポーターズを務めました。
花組に配属になり、2006年『ファントム』では、ファントムの周りを取り巻く従者を演じました。2011年に同作品に出演した際も従者を演じました。
2012年『Streak of Light −一筋の光…−』 のリベルタンゴのシーンでは、女役としてタンゴを披露しました。2013年『愛と革命の詩−アンドレア・シェニエ−』では、ダンスで物語の世界観を表現するAngel Whiteに選ばれました。同年若手中心のバウホール公演『New Wave! −花−』に出演しました。2014年『エリザベート−愛と死の輪舞−』では、黄泉の帝王トートを取り巻くダンスのみで表現する黒天使に選ばれました。
2016年『金色の砂漠』では、第三王女の求婚者ソナイルを演じました。2017年『はいからさんが通る』では、ヒロイン紅緒の父親である花村政次郎を演じました。http://www.theyemenisalon.com/items/neo-money/